潜在意識の今なるってどういうこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潜在意識のことを調べると「今なる」のが大切とか、既に叶っていると思えれば叶うとか出てくるけれど

全然意味がわからないって方に潜在意識の「今なる」感覚をわかりやすく書きます。

この記事を読んでもらえれば潜在意識の「今なる」って感覚がわかってもらえるかと思います!

※注意 

僕が潜在意識を変える過程で「今なる」という感覚が理解出来て、腑に落ちたのはかなり後の方でした。

この記事を一度読んで意味が理解できない方もいらっしゃるかと思いますが、潜在意識が変わってきてからもう一度読むと完全に理解できるかと思います。

潜在意識は繰り返すことで変わりあなたの物の見え方が変わります。

あなたの潜在意識が今どの程度変わっているのかロードマップで確認してみてください。

「今なる」は物の見え方が変わること。

はじめに結論を言ってしまうと、今なるというのは物を見る視点が変わるということです。

モテない私の視点

モテる私の視点

これだけです。超シンプルですよね( ^^)

04 「なった私」が「なった世界」で起こす行動に間違いはある訳ないのです

「今なる」メソッドは701式と言われています。

今のあなたがどちらの視点で現実を見ているのか考えてみましょう。

  • 好きな女の子と両思いになりたい。
  • アファで顔を変えたい。
  • 毎月100万円の収入が欲しい。

こんなアファをしていたとします。

あなたが毎日アファをしてイメージングをしたりして、潜在意識に叶っている幸せな生活を刷り込んでいます。

さてそこから、現実の生活に戻った自分の反応を見てみましょう。

相手のそっけない反応を見たとき、鏡でいつもと変わらない顔を見たとき、いつもと変わらない毎日に見えることが起きたら?

まだ変わっていない(ように見える現実)を見て顔が変わらないと思ったり、あなたが落ち込んだり、なんで変わらないんだろう・・・と思ったりしたとします。

これはモテない私の視点です。

モテない私に今なっています。

そうではなくて、そっけなくされても彼女は僕に夢中なんだ!とか、連絡が来なくてもすごい愛されてるなー(笑)とか

常に好きな子と両思いになっている視点で物事を見るんです。

頭の中で好きな子に愛されているあなたになりきります。

現実から未来を予測するのではないです。

どんな現実が目の前にあってもあなたは既にモテている視点でものごとを見るんです。

顔を変えたい場合も同じで、鏡を見て俺カッコいいな!とかモデルの〇〇そっくりだ!とか

町を歩く時も、美人すぎてすれ違う人がみんな2度見しちゃうとか、初対面の人に容姿を褒められるとかなんでもいいです。

ちょっとおかしい人と思うかもしれないけど、頭の中は他人には見えないんで何を考えていても大丈夫です(笑)

常にそういう自分でいてください。常にです!

どっちの「あなた」になるか

最初のうちは顕在意識からツッコミが入ります。そんなわけないだろ!って

頭ではわかっているんだけど、どうしても納得できない!って感じです。

でも気にせずに続けます。

続けているとなんか苦しいとか、しんどいとか、もうやめたい、やりたくないと思うようなことがあります。

本当に辛いときは一日くらい休みましょう。

自分を大切にしてください。

それでも諦めないでアファを続けるいくと視点が変わってきます。

あなたは相手のせいでモテていないと思わされた。と思うかもしれませんが実は違ったんです。

それはあなたが「モテないあなた」の視点から見ているからだったんです。

モテないあなたの視点とモテるあなたの視点を行ったり来たりしていても、アファを続けていれば段々とそのシーソーはモテるあなたの視点に傾いてきます。

顕在意識のツッコミがいつの間にか無くなります。

あなたが毎日「モテているあなた」になりきっていると、あなたは「モテているあなた」そのものになります。

モテていると思うことが当然。相手と両思いなのはあたりまえ。だって愛されてるんだから。

どの現実を見てもそう思えるようになれば、完璧です。

どんなことが現実で起ころうともう叶っているんだから、心配なんてなにもありませんよ。

頭でそのことを理解出来ていて、心の底から納得することが出来れば、すぐ現実もついてきますよ(*^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もし全部の内容が理解できなくても大丈夫。たまに読み返してみると前よりも理解できるようになっているはずです。

理解できないからといって願望が叶わなくなるなんてことはありません。続けていればきっと叶いますよ。

まとめ
「なっていない自分」と「なった自分」二つの視点がある。
「なっていない自分」をやめて「なっている自分」でいよう。
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*